カーブス 効果

カーブス 効果
ホームボタン

0020

ダイエットするには、日常生活でお金をかけずに工夫して手間をかけるのが良いかと思います。例えば床掃除をする際に、便利な道具を使うのではなく、ぞうきんを使う。そうすることで消費するカロリーが増えて、ダイエットの効果もあり、また節約にもなり、よいことだらけです。


もちろん、無理なく続けられるレベルが望ましいですが、出費は減らせて消費カロリーは増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しみながらダイエットを継続できるのではないでしょうか。妊娠して数カ月が過ぎたころ、つわりがおさまって、それから急に体重が増えてしまいました。

この調子で体重が増えると、妊娠中に病気になると言われてしまい、ダイエットを始めることになりました。私が実施したのは食事の内容を見直しただけです。それまでは食べられるだけ食べてしまっていましたが、野菜中心の食事にゼロカロリーのものに限ったおやつなど、満腹感はちゃんと感じられ、ただカロリーは低くなるよう見直しました。

質を変えるだけで満腹になるまで食べていますが、特に体重が増えすぎることなく、順調です。
ダイエットをするためにまず必要なことは、自分の身体の中でちょっとどうかな、と思う部分を箇条書きにし、この部分から変えていこうという順位をつけることが重要です。あちこち一度に変えようとすると運動する量や運動する方法が多くなり三日坊主になってしまいがちです。
まずはどこからにするか決め、その部位部位で必要な運動方法を取ることをお勧めします。部位を絞ることでダイエットの効き目が出やすく、達成感が出てくることにより、ダイエットを続けていく自信がついていきます。水分補給にダイエットの期間は炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むように心掛けています。食事はできるだけ野菜中心にし、肉や魚も取りながら買い出しに行き、手作りの料理をするようにしています。
ダイエットに良い乳酸菌ドリンクやヨーグルトを食べて、便秘を防ぐようにしています。

ウォーキングもしながら、自分自身の足をできるだけ使い歩くようにもして体重減少になるように努力してます。
毎日体重測定をし、体重をノートに記録することでダイエットへの挫折をしないようモチベーションを上げています。ダイエットを成功させるためには、どんなことでも偏りがあってはいけません。
食事を抜いたり運動を制限したりすれば、一時的に痩せたとしても、リバウンドに繋がってしまう場合があります。炭水化物は少なめにして、タンパク質を取ったり、栄養価の高い野菜を食べたりと栄養のバランスを考えた食事を意識した上で、適切なエクササイズを行うことで、リバウンドしにくい体を作ることが可能だと思います。



最近話題になっているダイエットというと糖質抜きダイエットですが、急に食生活を変えると空腹感とストレスの為に長く続くかなく、仮に一時的に成功しても、すぐにリバウンドしてしまいます。


まず食事の仕方から変えてみましょう。


よく噛んだり、食事の前に水を飲むことで満腹感が増しやすくなります。
他には、野菜から食べることで糖質の吸収を抑制することも有効です。
理想のプロポーションになるためには食事の仕方からはじめていきましょう。
ただ何となく痩せたい、というのではなく痩せることでどうなりたいかはっきり思い描くことがダイエットを成功させるコツだと思います。

目標の無い努力は長続きしないので、いつまでには何キロ痩せていたい、その後は何を着て誰に見てもらうかなどとことん細かく妄想を膨らましましょう。


そうすれば、甘いものを食べるのを我慢するというのが、苦にならなくなります。上手に体重を減らすには、バランスを考慮した食事を摂ること、程よい運動をすることが必要です。
食事によって、身体の隅々まで栄養素を取り入れ、一日数十分でも結構ですので、運動します。脂肪が燃焼され始める20分が程よい時間ですが、20分が確保できなければストレッチや筋トレも十分効果があります。



短い間で劇的な変化を期待するのではなく、時間をかけて、ちょっとずつ脂肪を減らしていけば自ずと体重の方も減っていくでしょう。

Copyright (C) 2014 カーブス 効果019 All Rights Reserved.